「耳鳴りが起きたら、大至急耳鼻科に行くべき理由」(難聴 さいとう)

facebook twitter google
Flower 4 2021-05-21 综合

こんにちは 突発性難聴専門針灸師のさいとうです耳鳴りっていうのは一時的であれば誰しも起こるものです そもそも鼓膜っていうのが音の振動を內耳に伝えるんですけど 鼓膜は常に空気の振動によって震えているので音の情報を內耳に送り続けています
だから音の振動は常に脳に送られているんですけどその音の情報をいちいち認識する必要が ないために脳は遮斷するので普段は必要な音以外は認識しなくなっています ところが普段とは明らかに違う耳鳴りが起きることがあります 突発性難聴っていうのは耳鳴りと難聴を主症狀とする難病で
多くの場合聴力低下を伴う瞬間あるいは直前に耳鳴りを伴います。 この耳鳴りが普段とは明らかに違って金屬音がするとか 音が割れるような雑音がするとか、そういうように普段なんとなく聞こえるような耳鳴りではなくて、明らかに異なる耳鳴りが急激におき
ます特に突発性難聴は片耳だけに聴力低下が起きるので 耳鳴りも左右で極端に音が違うなんていうのがありますなので 耳鳴りだけでは突発性難聴の前兆なのかどうかっていうのは判斷できないんですけど突発性難聴は耳鳴りの あとに、あるいは耳鳴りと同時に聴力低下を伴うことが多いので普段と明らかに違う耳鳴りを感じた場合は大至急耳鼻科に行って検査を受けることが
必要ですその際に「耳鳴りがうるさい」っていう風に 伝えてしまうと耳鼻科によってはまともに検査をされずに 「耳鳴りは治りません」とか「気のせいです」とか「花粉症のせいです」とか適當なこと言われて 突発性難聴を見落とされることがありますだから必ず耳鳴りがした場合は聴力検査が必ず必要だし、また耳の
mri を撮影して耳の中に腫瘍や出血など異常が ないかどうかを確認することも必要です耳鼻科で耳鳴りだから 治らないとか気のせいだと言われてもそれを鵜呑みにしてはいけません必ず満足できないのであれば別の耳鼻科に行って適切な検査を受けることが必要なので
そこは気を付けて下さい動畫をご覧頂きありがとうございました

相似文章